続きを読む

えんぴつ



えんぴつ。これで42本あります。
いちばん短いのは、長さ6ミリ。

続きを読む

辻新太郎

先日、うちの新年会があった。

続きを読む

祈り

“Pray for Japan”をはじめとして、海外が日本のことを祈っています。
チベットでは、先日1500人の僧が、日本のために般若心経を十万回唱えました。
般若心経はインドで生まれ、サンスクリット語から漢語などに翻訳され、東アジアに広まりました。
特定の日本の仏教宗派だけが経典としているわけではないわけです。
さらに日本では修験道や神道においても唱えられます。
アーユルヴェーダやヨーガやマントラや陰陽やキリスト教もいいですが、
これを理解して覚えてから、海外のものに手を出すのが順番だと思います。
自分たちの土台を疎かにしてオシャレなものに手を出すのは、ファッションです。
そういうのはスイーツ様たちが紹介するでしょう。
私の家も般若心経ではないのですが、ここはやっぱり日本人が祈るならこれだろ、
ということでYouTubeから般若心経をピックアップしました。
サンスクリット語のチャントなどはイメージが変わると思います。
私も暗唱できません。これから理解し覚えようと思っております。

続きを読む

3.11

そのとき私は、クルマに乗っていました。
その日にやるべきことをやって、ちょっと一息つこうと、よく行くカフェへ行きました。
店主とお客(顔なじみ)が、iPhoneを片手に「地震」と言ってきました。

続きを読む

スケープゴートをなくそう

特定の企業が独占状態にあるから攻撃されるというのは世の常。こんにゃくゼリーでの死亡者数よりも、もち、ごはん、パンなどの事故件数のほうが多いことをご存知でしょうか。ご存じないのは無知なわけではなく、よくあることだから報道されないだけです。適切な「食べ方」を教えない親が増えたことによっていきなりスケープゴートとなった一企業に、私は非常に危機感を覚えています。「消費者」は、この会社が倒産すれば気が済むのでしょうか。

続きを読む

日記ではないのだけれど



登山家の野口健が、今後自分の身にふりかかることを顧みず、チベットについて発言した。知名度のある日本人としては初めてではないだろうか。身の危険を脇に置いておいても、中国やチベットからヒマラヤに登れなくなるというのが登山家にとってどれだけ苦渋のことなのか想像もできない。この人の愚直さには心の底から敬意を表する。テレビのバラエティなどに出演するのが激減するかもしれない。ほんとうは、その逆になるほうが、まっとうな世の中のはずなんだけれど。

続きを読む

2008.3.20

三月二十日

人生は一度しかないからどうのこうの、
という言説はよく目と耳にする。
しかし、

続きを読む

続きを読む

続きを読む