スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Serge Gainsbourg Live au casino de Paris



セルジュ・ゲンズブールは1928年に生まれて1991年に亡くなった。なので2015年に何かが発売されるとは思っていなかった。しかし商魂逞しきレコード会社は「このライブやってから今年で30年だよ」とのことで、ライブ完全版をリリースしてきた。アナログ3枚組。むかしむかしアルバイトしていたバーのバイトの先輩がディスクユニオンにいて、こんなの出るよと教えてくれた。フェイスブックってすごい。で、大変申し訳ないのだがディスクユニオンではなくHMVで購入。

続きを読む

スポンサーサイト

オノ セイゲン&パール・アレキサンダー/メモリーズ・オブ・プリミティヴ・マン



【The music】

もうずっと物理ディスクといえばSACDしか購入しておらず、おすすめの新譜を紹介することもままならぬようになってまいりました。しかし、その中でも、この人だけは圧倒的な音の良さで素敵な音楽を奏でてくれます。大好きなミュージシャン、オノ セイゲンの新譜。コントラバス奏者のパール・アレキサンダーとの連名です。

続きを読む

小杉奈緒 余白



待望のフルアルバム。ノーメイクで撮った写真をインナースリーブに使えるミュージシャンは少ない。たまにあったとしても、それは男性から見た紋切型の「女性性」に対する異議申し立てであったり、自らの「女らしさ」の否定であったりする。ロバート・メイプルソープが撮ったパティ・スミスのようにね。で、すっぴんなのでなまめかしさや生々しさがあるかというと、そうでもない。たぶん、モノクロだからだ。人間の目は、色を視ている。厳密に言うと、動いているものの色なんだけれどね。話は逸れるが、我々人間は、目で何かを視ているとき、それが動かないものだったら、なんとかそれを知覚しようと、目のほうが動いている。

続きを読む

Juana Molina / Wed 21



アルゼンチンの音響派、フアナ・モリーナ。
初の完全セルフプロデュース。

続きを読む

Tim Hecker Virgins



2013年に出たアルバムでいちばん好きなのは? という問いには、これとお答えしておりました。2000年ごろのクリックテクノやグリッチテクノの勃興で登場したティム・ヘッカー。そういうのだったらアクフェンがギミックたっぷりで好きだった。ティム・ヘッカーは、すぐにアンビエント、ドローン、ノイズ、といったような言葉で形容される、一時期のフライング・ソーサー・アタックが描き出した世界を、さらなる純度で創出した。エレクトロニカというより、私にとっては上質のサイケデリック。

続きを読む

マリア・ピア・デ・ヴィト IL PERGOLESE



【ECM2340】
12月に入ってから、知人と友人の間のどこか、といった方々に「今年買ったCDや本の中でいちばん良かったのは何?」と話のついでに尋ねていた。いちばん多かった答えは「CDは1枚も買ってない」だ。オリコンランキングとカラオケランキングがこれほどまでにまるで違うように、いつの間にか時代は変わり、CDを購入するというのが--店舗で手にして購入するにしろネット通販で購入するにしろ--急激に減っていることを実感しました。このブログを始めたころは音楽と言えばCDが主流でした。光陰矢の如しですね。そして未だにCDを購入している私は、もしかすると途方もない無駄をしているのかもしれません。もちろんメインはSACDなんですけれどね。そしてそもそも、オーディオを持っていない人が多数となったこのご時世、SACDとアナログにこだわり続けている時点で私は前世紀の人間なのでしょう。余計な話が長くなりました。

続きを読む

続きを読む

New Order Live at Bestival 2012



初めて「Blue Monday」を聴いたとき、大方の感想がそうであるのと同じく、私も「何だこのバスドラ、叩けないだろ」というものでした。どんな曲なのかは、YouTubeをご覧ください。この記事の最後に貼ってあります。1983年にイギリスで3番目に売れた曲で、でもジャケットにお金をかけすぎたため1枚売れるごとに2ペンスの赤字だったそうだ。それでも、この画期的な曲にはこのジャケットでないと、ということでそのジャケットとなった。フロッピーディスクをモチーフにした、デジタル時代の幕開けを静かに宣言するジャケット。始めからゲームのある世代、エアコンの効いた部屋で快適に過ごして育つ世代に、これ以上なくフィットするものが登場した。

続きを読む

Daft Punk/Random Access Memories



こんにちは、ダフトパンクの向かって右の、だいたいいつも金色のヘルメットをかぶっているギ=マニュエル・ド・オメン=クリストです。ええ、もちろん本人[要出典]ですよ。久しぶりのアルバム「Random Access Memories」を出したので、宣伝を兼ねて日本の大阪へ行ってきたよ。ニューアルバムはアメリカで売れに売れていて、ビルボード1位にもなったし、もう前作の2倍以上も売り上げてるんだ。アメリカは単純だからね。



でも日本だとワンモアタイム1曲しか知られていなくて、それはたぶん同時期[いつ?]にヒットした大塚愛の「もういっかい!」と記憶が抱き合わせになっているんじゃないかな。日本ってやつはほんとにクール[誰によって?]だよ。というわけで、大阪人[誰?]に撮ってもらった写真の中から、自分にとって悪くない感じのものをアップしたよ。下の「+Read More」をクリックしてね。

続きを読む

my bloody valentine mbv



大好きな大好きなラブレスから21年ぶりの新譜。
でも待ちくたびれたという感じは全くしませんでした。
なぜなら、もうマイブラの新譜は出ないと思っていたからです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。