スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTA PRIUS

prius

プリウス が来た。
エンジンと電気モーターのハイブリッド。
満タンにしておけば、東京まで往復できるとのこと。

続きを読む

スポンサーサイト

ピエールマルコリーニ銀座

marcolini

気がつけば皆、チョコをショコラと呼んでいる。
アイスの建物とチョコの建物が隣り合っている。
後ろ髪を引かれる思いでチョコのほうへ。
狭い空間が妙にしっくりとくる。
パフェが人気だが、ケーキをいただいた。
何個かチョコを購入して帰る。
器は、黒摺り小皿。

鹿鳴春

銀座一丁目。ふかひれ専門店。
フリーのコピーライターだったころにお世話になった日本デザインセンターのそば。
ランチのセットなのでふかひれは尾びれではなく、
これまでに食べた姿煮の中で最も小さいものだった。
しかし気仙沼産で、しっかりと煮込んであり、舌の上でほろりと崩れた。

上海家庭料理 鴻運

上海家庭料理、鴻運。東京でいちばん安くておいしい中華料理店。
胡瓜の酢の物を注文し、ビールを飲みながらメニューを検討する。
至福の時間の始まりだ。台湾産の豆苗の炒めが、体を洗った。
名物の茄子を揚げたものをいただいた。
食べたかったけれどボリュームがありすぎるので注文しなかったから、
店のおかあさんが1枚ずつサービスでくれた。

GUMBO&OYSTER BAR

GUMBO & OYSTER BARへ。
ランチメニューから、牡蠣とバジルのリゾット。麦が少し入っている。
できあがるまで、生牡蠣。
岩手産の岩牡蠣。恐らく養殖だが、岩牡蠣。
クリーミーで濃厚なのだが、さわやか。
そして幻の牡蠣、クマモト。シアトル産。
これ以上ないというくらい、磯の香りが広がった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。