スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■加賀

加賀は、外様大名だった前田家百万石のもと、幕府に反逆をたくらんでいるのではと思われるのを防ぐため、潤沢な資金を美術工芸に費やしました。輪島塗、加賀友禅、金箔、九谷焼。山中漆器も、そのひとつです。
スポンサーサイト

「Hanako WEST」3月号



マガジンハウス。「幸せになる おとりよせ」ということで、雑貨編のトビラページに応量器を掲載いただきました。

続きを読む

Cesaria Evora/Rogamar



【world】

バブルにも良かったことがあって、レーベル名に過ぎなかった「ワールドミュージック」がジャンルのひとつとなり大量に日本へ入ってきたこともそのひとつ。HMVではパリとロンドン経由の選りすぐりが売られ、渋谷クワトロ(西武)や青山Cay(ワコール)では従来なら考えられないようなミュージシャンのライブが行われていた。企業はどんどんお金を出した。セゾンは、物ではなく文化を売りはじめた。セザリア・エヴォラも、当時「発見」された歌手のひとり。

続きを読む

女王と王、夢の岸辺

お題がたらいまわしの、本を紹介するトラックバック。
30回目は、創設者のoverQさんです。
今回は「フシギとあやし」で、詳しくはリンク先をご覧ください。

お化けや妖怪が出てくる物語を読むと、なぜか私は笑ってしまいます。
なので、妖しい物語の優れた読者ではありません。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。