Sotte Bosseが2枚など



【electronica】

QBK(急にBryumさんが来たので;6月18日はQBKの日)の巻です。
ブログを通して知り合ったのが2年ほど前。
JASRACをものともせず歌詞を引用するお人なので、
CDを1枚持ってくるといいかもと伝えました。
すると3枚、しかもプレゼントということで、ありがたく頂戴しました。

続きを読む

■漆器

漆器の起源は中国であったり東南アジアであったり諸説ありますが、日本に渡来して目覚ましい普及を遂げてきました。英語の「チャイナ」が陶磁器の意味もあるように「ジャパン」には漆器という意味もあります。ただ、実際のところジャパン=漆というのは浸透しておらず、最近では「URUSHI」が世界共通語になりつつあります。私としても、オリエンタリズムによって命名されたジャパンより日本語のウルシが広がってほしいです。

続きを読む

クリストファー・プリースト『双生児』

theseparation

いつも読了後にタイトルがダブルミーニングであることを思い知らされるプリーストの最新作“The Separation”の邦訳。ここ3年ほどに出た小説の中で最も楽しんだ。ミステリ好き、SF好き、物語小説好き、すべての人が楽しめること間違いなし。言葉を叙述するという小説でなければ不可能で、プリーストだからこそ考えつくことができる技。今すぐ書店に走ってください。この2625円は、10倍も20倍も価値があります。読んでつまらなかったら私が定価で買い取ります。

吐き気がするくらいの現実崩壊感覚と、大きな力に飲み込まれて身動きがとれないけれど何となく安心できる感覚と、緻密で上質の小説を読んだときだけに味わうことのできるあの感覚が、大きく大きく押し寄せてきます。

早川書房
bk1
amazon
プリーストに関する他の記事

デロンギのシトラススクィーザー



春から夏、日本の柑橘類が豊富に出回ります。近くのスーパーにも、サンフルーツ、いよかん、八朔、晩柑、紅甘夏などがありました。中国産はもちろんアメリカ産の青果物も口にしないようにしているので、今の季節はうれしいです。この手の柑橘類は食べるのがめんどう。でもジュースにすれば簡単に摂取できます。

続きを読む