漆の匂い

「匂いを消すにはどうすればいいですか」とお尋ねになる方がいらっしゃいます。

まず、匂いとは何かを確認してみましょう。匂いは、鼻腔の嗅細胞に分子が付着して知覚する感覚です。くさいにおいをかいだら、くさいにおいの元から放出された分子が自分の鼻についたということです。分子が飛ばないものは、匂いがありません。逆に言うと、くさいにおいの物体から遠く離れていても、分子が飛べば匂いを知覚できます。警察犬が匂いで動くのは、この特質を利用しているわけですね。味は空気中に飛びません。そんなことできたら飲食店はつぶれます。

では、漆器からは何の分子が放出されているのか、ということになります。

続きを読む

松本大洋・永福一成/竹光侍



ここは確か文芸のカテゴリで、しかも新刊本で、さらにその中で「良かった」ものを取り上げるのですが“comic”カテゴリがないのでここに入れます。カテゴリを設けてもAKIRA童夢Papa told meヘルタースケルターと松本大洋しか取り上げるものがないからです。私はどんなに優れた漫画でも「芸術」とは思いません。芸術であるか否かは、程度の高低ではないからです。と思ったら以前松本大洋の「ZERO」を取り上げたことがあったことを思い出しました。

続きを読む

■プロイセン王国

ヨーロッパで人気の漆器を国内生産しようと考えた、なかなかおしゃれな国。

続きを読む

続きを読む

■ピンチ

ピンチはチャンスと言われます。

ビジネス誌や成功体験を綴った自叙伝などに頻出します。
苦境に立たされたときにブレイクスルーがどうのこうの。
小泉純一郎氏も、総理時代からしきりに使っています。

続きを読む