TB44 種子を蒔くもの、花と緑の物語

アメリカのクリティークが考える「日本で最も美しい庭園」は、ここです。

お題に沿った本を紹介しあうトラックバック企画に参加します。今回の主催は美結さん。お題は、花とか植物とかです。詳しくはこちら。ちなみに私が種子という意味の英単語“seeds”を覚えたのはティアーズ・フォー・フィアーズ、つまり「恐怖に涙」という二束三文なポップソングを歌っていた人たちによってです。確か、ノエビアのグライダーが珊瑚礁の上を飛んでいました。その後、渋谷で堤さんの勢力が拡大していたときに「これのどこが種なんだ」という体験をしました。一方、五島さんの東急といえば「手」です。わけがわかりません。単なるネーミングだよと済ませるほど大人になっていなかったのでしょう。そんな渋谷の種子が後に阿部和重を産み落とすとは当時夢にも思っていませんでした。なぜなら夢は自分が知っていることしか見ることができないですから。

美結さんは環境のことや生活のことをいつも真剣に考えていて、ほんとうに頭が下がります。売上日本一、広告費日本一、私もユーザーだったりするまさに日本を代表する企業がエコ替えとか言ってて

「買い替えないほうがエコでしょ」

と全国で突っ込んでいる人多数の昨今。ちまたの「エコ」はすべてビジネスなんじゃないのかとみんな気づき始めているような感じがします。それはともかく、今回まっさきに思い浮かんだのはレーモン・クノー「はまむぎ」とパトリック・ジュースキント「香水」でした。

でも前者はタイトルだけと言ってしまえばそれまでですし、後者は香水の原料が花といってもさすがに遠いだろということで自分内却下しました。でも「においたつ」感じがいちばん強いのは「香水」です。あと、松本大洋の「Zero」も思いついたのですが、既に取り上げているので却下です。そして、蛇口から幻覚がもれてきて胸の中に花が咲いてしまう超絶想像力の「日々の泡」も外せないですが何といってもブログのタイトルなので却下です。

本は木からできています。インクも大豆由来のものが増えてきました。

※本の紹介という趣旨からずれています。

続きを読む

京都 有次の包丁(ペティナイフ)



包丁といえば昔から「西の有次、東の正本」と言われています。間の名古屋では祐成を使う料理人が多いようです。最近では木屋團十郎も有名ですね。あとは関と堺と土佐が包丁の産地としては名前があるほうでしょうか。グローバルをはじめとして洋包丁もいろいろありますね。海外のものではツヴィリングJ.A.ヘンケルスが昔から知られています。ただし、ヘンケルスの最高級ラインは日本の関で作られています。つまり、日本の中でどれがいいかを選べばいいわけです。私の料理を召し上がったチャレンジ精神豊富でタフな胃をお持ちの人ならばご存じの通り、私は調理するときのほとんどをペティナイフで済ませています。

(尖端恐怖症の方は続きをご覧にならないほうが良いかと存じます)

続きを読む

クリストファー・プリースト/限りなき夏



おもしろいおもしろいおもしろい。

国書刊行会「未来の文学」シリーズの、私にとっての目玉。四季のうち、夏だけ「ほんとうのことを知りたいだけなのに、夏休みはもう終わり」とフリッパーズ・ギターが卓越したフレーズを生んだだけで、あとは「終わらない夏」とか「限りなき夏」とか「永遠の夏」とか言われる。実際には永遠なわけでなく3か月で終わるからこそそう言われるのだけれど、なぜ夏だけが。でも年中雨で晴れの日が年に1日しかない永遠の梅雨だったら、雨の日が「ふつう」になって、道路とか服装とか住まいとか世の中どうなっていたんだろう。と妄想しがちなので永遠の季節の話を進めると、しかしそこはプリースト、時間が伸び縮みすれば永遠になりうることくらい百も承知である。彼にかかれば「この一瞬は永遠なんだ」といった意味での永遠ではない。というわけで時間を扱った表題作はじめSFと語りの技巧を駆使した短編集。技がSFだけではないのでSF嫌いでも読み応えあり。ちょっぴりホラー風味もあるけれど、テレビから長髪の女性が出てきたりそれが実はバーチャルリアリティだったとかクラス全員で殺し合いするとか男は動物に変えられるとかってことでもなく「奇術師」程度のホラー具合なのでだいじょうぶ。

続きを読む

■木履

七五三から舞妓まで、若い女性が履く駒下駄。

続きを読む

■ペーソス

哀愁。芸術評論で使い古された言葉。
大切な人やものを失ったときに起こるのは“sorrow”や“sad”です。

続きを読む