粉ものを漆器で

飲食店でデジカメを取り出すのはあまり上品とはいえないふるまいなので、ふだんは決してしません。でも、私の住まいや仕事場で食べ物を盛りつけた画像を撮影するにも限度があるというか、それはそっちのプロにおまかせしたほうが良い。というわけで、いつもお世話になっているお店へ器を持参しておじゃました。粉ものは安い。でも、ちゃんとした美味しいものばかりです。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

書棚の中身

以前のブログで、私の書棚の画像を披露したことがあります。1000冊入るっていうから購入したのに600しか入らなくて結局それまで使っていた棚にも収納せざるを得なくなったとかなんとかいう記事でした。あれからも数量は大して変わらず、常に中身が若干入れ替わっています。

ブログでは読んだ本のうち、新刊でおもしろかったものを中心に採り上げています。ということは、私が昔から何度も愛読している本については出番がありません。このブログを参考にしてくれる方もいて非常にうれしいのですが「そういう感じだったらあれが気に入るだろうなあ」と思ったりすることもままあります。また、私の書棚を見てみたいという方や、好きな本ベスト100を選んでという方がいらっしゃいます。というわけで、何様のつもりなんだという突っ込みは置いといて、だいたい100タイトルを目安に、ひとり一作(これがまた難しい!)で選んでみました。ちなみに私は小説や詩をこれまでに多く見積もっても6000タイトル程度しか読んでいません。でも「今月のベストセラー」やライトノベルは自発的に読んだことはありません。いわゆる純文学で6000タイトルです。

続きを読む

スケープゴートをなくそう

特定の企業が独占状態にあるから攻撃されるというのは世の常。こんにゃくゼリーでの死亡者数よりも、もち、ごはん、パンなどの事故件数のほうが多いことをご存知でしょうか。ご存じないのは無知なわけではなく、よくあることだから報道されないだけです。適切な「食べ方」を教えない親が増えたことによっていきなりスケープゴートとなった一企業に、私は非常に危機感を覚えています。「消費者」は、この会社が倒産すれば気が済むのでしょうか。

続きを読む