サンタ・マリア・ノヴェッラのアルメニアペーパー



サンタ・マリア・ノヴェッラは、フィレンツェにある世界最古の薬局。サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(当時は修道院)で薬草を処方していて、香水にも事業を拡大したわけです。メディチ家御用達になったり、さすがほんものという香りです。アルメニアペーパーは、以前だと日本でアルメニア紙と呼ばれていたもので、紙に香りがついているものです。香水売場にあるテスターだかサンプルだかの強化版という感じなわけです。

続きを読む

続きを読む

Jan Garbarek Group/Dresden



【ECM, jazz】

ヤン・ガルバレクの二枚組ライブアルバム。澄んだ空気の中に響き渡る美しすぎるソプラノサックス。空気を変えるというのはこういうことをいうのだなと実感。冬にぴったり。ガルバレクの音色が加工されたものではないことは、ライブに行けば判ります。私は2002年に東京オペラシティで聴きました。

ECMといえば、ようやく今月に入り、ジャケット写真集第二弾“Windfall Light: The Visual Language of ECM”が日本でも入手可能となりました。第一弾"Sleeves of Desire”は異常なまでに高騰しましたが、今回はそんなことにならずちゃんと部数があるようです。1996年以降にリリースされた作品のアルバムジャケットを、CDよりも大きなサイズで印刷してある写真集。眺めるだけでとにかくうっとりします。