ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタイン「原因と結果:哲学」



さて、ウィトゲンシュタインの著作すなわち思考といえば、前期が「論理哲学論考」で後期が「哲学探究」というのがお決まりであり確かに片方だけではまずいかもしれないし、どうだって良いかもしれない。で、哲学を体系的に把握する場合には代表的著作さえおさえとけばオッケーなことは他の哲学者たちと同様。ではなぜ「論考」と「探求」以外の本書をおすすめするかというと、今年出たから。このブログでは新刊でなおかつ読んでおすすめできるものだけを取り上げようと決めたからである。そんだけの話。

続きを読む