いちご煮の炊き込みご飯



長靴などをいただいたりしながら今年の誕生日も滞りなく過ぎ去り、先日最後の誕生日プレゼントが青森県より届きました。潮汁といえば海に面した街ならどこにでもある漁師飯です。うちの近くでは、鱈やゲンゲ(白幻魚/カンテンゲンゲ)や鯛やオコゼが多いです。つまり、捕れたものを食べてるわけです。青森は、雲丹と鮑という豪華版。雲丹が、朝靄の中に浮かぶ苺の実のように見えるため、いちご煮と名づけられたそう。風流ですね。しかも味まですばらしい。そのまま吸い物でもいいけど炊き込みご飯がおすすめということで、新米もいただいたし、作ってみた。

続きを読む

バッテラ(鯖の押し寿司)

北陸で押し寿司といえば、富山の鱒寿司、福井の焼き鯖寿司、小鯛の押し寿司、サンマの押し寿司、鰺の押し寿司、蟹の押し寿司、柿の葉寿司などが有名です。焼き鯖寿司は寿司とも鮨とも鮓とも言えないと思っているので食べません。あんなの、おにぎりです。鱒寿司は、富山へ行ったときに購入します。富山ます寿司協同組合に加盟している店は全て、さらにいくつかの個人経営の店の鱒寿司、おまけに魚津などにまで遠征していろいろと食べた結果、私の好みはどの店か把握済みです。都会から来る人は輸入ものの魚に脂を足しているオイリーなものが日本海の海の幸イコール脂ノリノリという短絡思考が働くらしく好きなようですが、私はそうではありません。それがどこなのかは今回の本題ではないのでまた別の機会に。

今回は、鱒(富山産の鱒を使っている鱒寿司がどれだけあるかというと殆どない)ではなく、鯖の押し寿司。いわゆるばってらの作り方です。秋鯖が出始める前までには記事にしておきたかったので、今なわけです。私は12月から2月の初めくらいにかけ、毎年冬になると5回くらい作っています。というわけで、バッテラのレシピ、作り方です。

続きを読む