ノーマン・ワデル 売茶翁の生涯



抹茶は侘び、煎茶は風流。の、はずである。

こういう書物が日本では書かれず海外で書かれて日本語に翻訳されたものしかないというのは、大変に悲しい事態です。煎茶の中興の祖、スノッブな成金趣味となった茶道から離れ、さらに黄檗宗の僧でもあったが還俗し、値段は客が自由に決めて良い茶店を開き、日本で煎茶を広めた人、売茶翁。あまり人物画を描かなかった伊藤若冲が最も多く描いたのは、売茶翁。その数は実に10枚以上。それくらいの存在。

続きを読む