すくうもの

spoon

東京からスタイリストが訪れ、スプーンの打ち合わせ。
お互いが愛用している木のスプーンたち。
これのどこが良いのか、なぜ竹では可能で木だと不可能なのかなど、
スプーンについていろいろと話し合う。
中国製を輸入するだけなら、手間はかからない。
それだって「原材料:木、漆」と表示できる。
でも、どこでも手に入り、体に害があり、
微修正の効かない大量生産されたものを売るなんてできない。

奥の書籍は、ジャスパー・モリソン『A Book of Spoon』という、
モリソン自身が買い集めた、世界中のスプーンだけを撮った写真集。

当然のごとくスタイリストも持っていた。
彼女はさらに立派なスプーンの写真集を持っていて、
その書籍を紹介してくれた。

そうして調べ、学び、買い集め、使う。
そうしないと、ほんとうに良いものはできない。

スタイリストとのスプーンは、今年中にできるかどうか。
それくらい、漆器は時間のかかるものなのです。
関連記事

コメント

非公開コメント