A tenor swings the piano

swing

毎週金曜日、近くのジャズバーで、
友人がピアノを弾いている。

また別の友人の、そのまた友人が
サックスを演っているというので、
そこに集ればサックスを聴けるだろうと考えた。
小さなその子が持ってきたのは、テナーだった。
ピアノの人とは初対面。

このときの音については、説明できない。
この瞬間にしか聴くことのできない音楽。
あの場所にいた人だけが体験できた、邂逅。

サックスの子は、今年の末にボストンへ留学する。


この店は、九谷の有名な人の器で、生地から手作りのピザを出している。
関連記事

コメント

非公開コメント