「銀宝を食べずんば天麩羅を語る無かれ」

菜の花、蕗の薹、筍、独活。
春のたべものはさわやかな苦味があってどれもおいしい。
でも、私が住んでいる土地では、山に入れば取り放題。
毎日の食卓になり、うれしいのだけれど、正直飽きる。
そんなとき、銀宝を食す機会にめぐりあうと、
春の味覚を総なめしたような気持ちになる。
もちろん天ぷらでいただいた。
(お店の名前は控えさせていただきたい)
関連記事