和のある暮らしのカタチ展 リビングデザインセンターOZONE

全国から「伝統工芸」と認定されている工芸品のうち、
それを手がけている45社が集まる展示会、和のある暮らしのカタチ展
場所は西新宿にあるリビングデザインセンターOZONEで、
このような場所で工芸という地味なものを目に触れる機会ができることは、
よくわかりませんが、とても良いことだと思います。
会期は3日から5日で、無事に終わり、盛況でした。

この展示会には、来場者にアンケートをとって、
どれが良かったかを投票するという企画があった。

私はもちろん1位をとるつもりで、
販売できない展示会に3泊4日で出展した。

結果は5位だった。
3位との差は24票しかなく、
私は、私の作っている漆器としては、
ちょうど良い位置だと思った。

小山織さんとお会いできて、とてもうれしかった。

票を入れてくれた方々に感謝します。
関連記事

コメント

ふー様
コメントありがとうございます。
次回、山中漆器だけで三社出ます。
漆器は出過ぎという感じなので、今回も控えます。

第3回和のある暮らしのカタチ展

2008年1月18日から20日まで、OZONEで「第3回和のある暮らしのカタチ展」を開催することになりました。
http://www.wanokatachi.smrj.go.jp/
またぜひご覧ください。
非公開コメント