kurkku cafe

レセプション
ではほとんどたべものをいただくことができなかったので、ゆっくり食事したいと思い訪れました。
残念ながらキッチンは夏休みで、カフェにしました。カフェのスタッフには石川県出身の方が多く、ランチに青魚のサンドイッチもあります。石川県ではよく食べる青魚ですが、サンドイッチにするのは石川県人にはイメージできなかったと思うので、いい感じです。チキンのトマト煮をいただきました。付け合わせが、ごぼうやひじきがたっぷり入った白合えと、よくわからない葉もののおひたしでもなくサラダでもないものでした。味噌汁の出汁と味噌もしっかりとしたもので、添加物や化学調味虜は一切使っていません。まっとうな素材には、ちゃんと味があります。食べ終えたときの余韻が、とても快いです。定食の1200円は高いと思われるかもしれませんが、現在の日本は、まともなものほど高くなってしまう構造です。安いです。そして、わざわざそのことをアピールするようなことはせず、ただ単にメニューは「チキンのトマト煮」としか書かれていません。これは、なかなかできること(しないと決めること)ではありません。

ここは野菜も玄米も肉も小麦も、ちゃんとしたものしか使いません。サイトですべてディスクローズしています。「都心のオアシス」というと、観葉植物と水がふんだんに使われたリゾート風の内装をイメージしがちですが、kurkkuの静かさと清潔さは貴重です。そしてこのお店は、リゾートのような非日常ではなく、毎日暮らすときに少しだけ意識したりするようになる、日常の「先」なのです。大げさな表現をすれば、生きていく姿勢を問われるショップです。そのことは、ショップに並ぶアイテムや、書店に並ぶ本のセレクトを見れば、すぐに気づきます。非常に洗練されていますが、洗練さを前面に押し出すような薄っぺらいものではなく、トリプルミーニングの「自然」です。

ほんとうの清潔さとは、合成洗剤で掃除するのではなく、自然素材だけで織り成すものだと私は思います。砂がすべてを取り除くように、せせらぎに足をつけるように。
関連記事

コメント

非公開コメント