ホールもあるのにタレルの部屋というのがすばらしい

21世紀美術館にあるタレルの部屋で行われたライブを観てきました。ここは四隅が座るスペースになっているので、40人限定。アコーディオンとウッドベースのデュオ、ママミルク。夕闇せまる時刻に始まり、始まるとしばらくしてから雨が降り始め、半ばで止んだと思ったら、クライマックスでふたたび豪雨。タレルの部屋には天井(=屋根)がないので、四角く切り取られた雨足と雨滴がとてもとてもすばらしい雰囲気を醸し、映画を観ているというより映画の中に入り込んだような気持ちになりました。そんな余韻を残しつつ、ワインとチーズで乾杯し、友人宅に宿泊。翌日はそのまま空港へ行き、北海道へ。
関連記事

コメント

not subject

pico様
以前友人がホールで唄ったことがあるのですが、明らかにタレルの部屋のほうがすばらしいです。ただ、反響が強い、まさにライブな環境なので、生楽器が向いています。いま21美が2周年で、そのポスターやパンフレットをデザインしたのが友人で、そこから無理矢理限定40人枠に入ることができたんです。今月だったか来月だったか、打ち込み音楽とパフォーマンスのユニットのライブがありますとお伝えしておきますのでキュウリの秘密お願いします。薮の中に入ると三者三様の意見になってしまいます。

not subject

くぅ~~~。
あまりにうらやましいから、きゅうりは藪の中にしようかしら。
非公開コメント