Stephen Stubbs『Tearo Lirico』



【ECM】【classic】
ECM1893
スティーヴン・スタッブス『テアトロ・リリコ』

スティーヴン・スタッブス/バロック・ギター、キタローネ
ミロス・ヴァレント/ヴァイオリン、ヴィオラ
マキシネ・エイランダー/スパニッシュ、イタリアン・ハープ
エリン・ヒードリー/ヴィオラ・ダ・ガンバ、リローネ

副題「17世紀のイタリアとスロヴァキアの音楽 ホルンとフォリアの低音によるインプロヴィゼーション」とのことで、アルカンジェロ・コレッリ、マウリツィオ・カッツァーティ、カルロ・ファリーナといった作曲家のフォリアやソナタを、かつてクラシックではあたりまえだった即興(インプロヴィゼーション)も加えて。ECMにしては温度のある録音。とても効き目のある通奏低音。薄明かりの下のメランコリック。甘美。夕暮れの中庭、石畳の鋪道、古い彫刻を観て思う美しさ。
関連記事

コメント

not subject

i様
北海道産の白花豆です。
水で戻す必要のない、フレッシュなものです。

not subject

下に敷いてるの何?
非公開コメント