ボードレール『パリの憂鬱』



散文詩は、ここからはじまった。

久しぶりの新訳
とても読みやすくなっている。
附録の手紙は、想像通り。
関連記事

コメント

非公開コメント