スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレーヌ・シュミット/バッハ 無伴奏ヴァイオリンとパルティータ



【classic】

[Alpha082]

ラストのシャコンヌを聴き終えてからも、
私はいつまでも、そこにいた。
一挺のヴァイオリンだけで織り成される深淵な物語。
聴きどころはもちろんシャコンヌ。
ガット弦の音色に、ただただうっとりとする。
人の気配のある温度。冷酷さの源にある、普遍的な愛情。
偉大な作品に挑戦するのでも讃えるのでもなく、
作品そのものになって、ゆっくりと、たゆとうように語りかけてくる。

「バラを忘れて、棘を語るような演奏をするべきではありません」
   ──エレーヌ・シュミット

絶妙な間をとって空間が創られる。シュミットの呼吸に震える。
シャコンヌでは何度も体がふわっと浮くような錯覚に陥った。

教会で録られたホール感とプレゼンスも、Alphaレーベルらしく秀逸。
こんなに美しくていいのかというくらい美しい。
AlphaレーベルのCDは、すべておすすめです。
ただし、残響感が苦手な人には向かないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。