新年 一期盆朱 福梅



石川県のお正月のお菓子、福梅(ふくうめ)。
お菓子屋の音羽堂からいただきました。
音羽堂は、私が手みやげにすることも多い、紫雲石が美味しいお店。
紫雲石は皇太子が購入されたことで有名になり、楽天などで通販しています。
聚洸の打ち水に粉をまぶしたような見た目ですが、舌ざわりが全く異なります。

福梅も、不自然に真っ白くなく、かといって不自然に褐色でもない、自然な色の最中。
和三盆の涼しい甘さと、しっかりとした大納言の味が引き立つ餡。

正月お殿様大樋焼米俵茶わんで一服
お菓子は光琳紋福梅
これで百二十万石
お家安泰めでたしめでたし

と、包み紙にあります。

加賀といえば、家紋は梅鉢。
加賀宰相、百二万二千七百石金沢城
松平飛騨守、七万石(十万石)大聖寺城
松平出雲守、十万石冨山城
すべて梅、合計百二十万石。

加賀藩の江戸屋敷にあった御守殿門、現在の東大赤門も、もちろん梅鉢です。
湯島、亀戸、太宰府も梅鉢紋。
前田家の先祖は菅原道真なので、菅原家の紋である梅を継承しているわけですね。

石川県にあるお菓子屋や食品メーカーは、例外なく年末に福梅を作ります。
同じものを作ることによって顕われる、ニュアンスの域を超えた明確な差異。
寒冷地であり東京よりも濃い味つけの石川県で、音羽堂の繊細で儚い優しさは稀少です。

私の、今年のコレクションテーマは、年賀状の通りです。
本年も、ほんものだけしか作らずに済めばいいなと思っています。
関連記事

コメント

not subject

i様
おめでとうございます。
紫雲石はこちらで
http://www.rakuten.co.jp/kanazawa-ya/624809/
加賀棒茶はこちらで
http://www.kagaboucha.co.jp/
お買い求めいただけるようです。

not subject

こっちでもおめでとう!
夏は紫雲石に棒茶、待ってまーす。
非公開コメント