■木

木は、私が漆器を作る大きさに育つまでに、数十年も要します。最低でも木が育った年月は使い続けることのできる漆器づくりを心がけています。それが持続可能性であり、地球に優しいということだと考えています。
関連記事

コメント

非公開コメント