南部鉄器



雪の残る白山の足許、恒例となった瀬女高原のコテージ。
南部鉄器の洋鍋はじめお気に入りの調理器具を持って行った。
最初はバーベキューだったのだが、次第に料理をする羽目になってきた。
これは取引先のショップで購入した南部鉄器の洋鍋。
奥は、友人への結婚祝いのひとつとして贈った小型。
調理するときには木の持ち手を外す。とても機能的。
作ったのは、鶏肉ときのこと野菜のトマト煮。
見た目が良いので、このままテーブルに置ける。
他に作ったのは、水菜とミモレットチーズと温泉卵のサラダと、リンゴのシャーベット。

冬は適当にこの鍋に材料を入れ、
炒めた後にストーブの上に乗せておけば、
おいしい料理ができあがる。

画像がブレているのは、
どんなことがあっても私は絶対にフラッシュを焚かないのでこうなりました。
調理しているときに三脚を使って撮影していたら、アク取りできない。
お見苦しいとは思いますがご了承を。
関連記事