2007年前半もごちそうさまでした

春から夏にうかがったお店。私はグルメブロガーでもフードジャーナリストでもありません。田舎の漆器屋です。同じ店へ何度も行くことが多いため、あまり増えません。鮨一貫は夏でも美味でした。最も安い3800円のコースでも刺身は7種盛り、とろろ蒸しには感動。某店の岩牡蠣は今年も世界一と確信できる爽やかなクリーミーさでした。ちなみに夏は冷えたごはんを洗ってお新香をのせて水や冷たいお茶を注いで食べる私、チリトマトヌードルには冷水を注いで冷凍庫に1時間ほど入れてレモンを搾ってタバスコを振って食べています。
加賀 SWING
山代温泉にあるジャズバー、昼も営業。奥様がパスタを作ってくれます。5種類ほどのスパゲッティ、小さなバケットにオリーブオイル、小さなアイスクリーム。さらに水だしコーヒーと各種ハーブティからひとつ選べて700円だったか800円だったか。すぐにエネルギーへと変わるカーボローディングの代表格であるパスタが100グラム程度なので肉体労働者の私にとっては少々控えめなポーションですが、ゴルゴンゾーラの風味たっぷりのスパゲッティにいろいろついてこの価格は安いと思います。

白山 at ease
松任。アットイージーと読みます。大正時代の旧家を改築した建物。誰が言い出したのか知らないけれどカフェ飯と呼ばれるものよりは料理が料理になっている。おすすめの席は、カウンターの裏にまわるような感じの場所にある、座面高の低い二人掛けソファ。満席時でも、声を大きくする必要がありません。カプレーゼ、トマト煮、パスタ、そしてカンパリを気軽に楽しめます。

白山 にしで
松任。小さくて清潔な居酒屋ですが、料理の質は小料理屋を想像すれば間違いではないと思います。ご主人がかつて勤めていたお店の名物でもあるビーフコロッケが美味しいので、まずはビーフコロッケ(大)をいただきながらビール(大)を飲んでしまいます。それからは至福の時間のはじまりです。旬にいただける、のどぐろのしゃぶしゃぶは絶品。安いけれどまっとう、という貴重なお店。ここは教えたくない(店に迷惑がかかる)けれどネット検索したらフードジャーナリスト気取りだかグルメブロガー気取り(私もそれに加担しているらしくてそれなりに反省している)だかがいくつも紹介していて私が隠したところで事態は変わらないと思ったので紹介します。

野々市 マルガージェラート
能登の牧場で育った乳牛から絞った生乳を使い、能登にある本店で作っているジェラート。おすすめは季節のもの。春は桜と能登の塩の二種類をいただいた。同時に口の中へ入れると、桜餅のような風味になった。加賀の平松牧場のアイスクリームもそうなんだけど、牛乳の質よりも新鮮さが最重要なんだなとほんとうに感じる。良質のバニラビーンズを入手できないからミルクを強化するのは間違いではないと思います。石川県内のサークルKサンクスでも販売中。夏は塩味のアイスに限ります。ガリガリ君とすいかバーもいいですが。

金沢 まつ本
名だたる料亭を差し置いて、魯山人や徳田秋声が愛したお店。寄せ鍋といえばまつ本。寄せ鍋が名物となるのかどうかという疑問を抱くのは当然のこと。でもまつ本の寄せ鍋をいただけば納得です。しかし初夏は寄せ鍋も蟹鍋もありません。なのでしゃぶしゃぶをいただきました。ちゃんと出汁をとってあるしゃぶしゃぶです。夏に鍋、鄙びた建物と相まって、どこか風流。刺身は甘エビとサンマとあわび、焼きはのどぐろ。酒は手取川(これほどまでに日本料理を邪魔しないにもかかわらず美味しい日本酒も珍しい)。ここは旅館なので、食事だけという方は松光庵へどうぞ。

金沢 菊一
夏の食べ物は体温を下げる効果があります。旬のものを食べるのは理由があります。でも、夏こそ熱いものを食べたくなる誘惑も稀に起こり、そんなとき私は体が欲するまま正直に熱いものを食べます。菊一は、石川県で最も古いおでん屋。すっぽん料理屋や鰻屋においても、そして飲食店に限らずあらゆるジャンルにおいても最古ということにさして意味を感じない私ですが、ここは歴史を感じます。すじもどて焼きもおいしいです。第四高校の生徒も通った店として知られています。しかし極度の潔癖性だった泉鏡花は絶対に食べたことがないでしょう。私はおでんをいただくとき、最後に常温の日本酒をおでんのだしで割って飲みます。パークシティ伊勢丹の裏にあるおでん屋の親父に教えていただいた技です。美味しいお店でなければできません。

金沢 松由
あまり知られていない料亭ですが、昼はミニ懐石が3500円からなので以前紹介した杉の井と同じくお得です。懐石といってもミニ。刺身が二切れでも少ないなんて言ってはだめです。逆に考えれば、その部位が一匹の魚の中で最も美味しいところなのかもしれないわけですし、見た目に箱庭的な楽しさがあります。ここへ来ると懐石の他にいわしを揚げたものをいただきます。濃くてとろっとした日本酒に合います。

金沢 浜の
居酒屋。能登出身の大将。能登のタコにこだわっていて、タコをいろいろな料理で楽しむことができます。まずはタコの天ぷらとたこぶつ、たこしゃぶにタコ串、そして最後は紫蘇の入ったたこめしです。生のたこは最近ではたこわさが人気ですが、美味しくて新鮮なタコは、吸盤ではないところも舌に吸いつくようですし、ゆでたてのタコの美味しさを実感できます。能登に暮らす大将のお母さんが採った岩海苔も美味。日本酒の種類が豊富なところもうれしい。ごりの唐揚げや治部煮といった加賀の料理はもちろん氷見うどんまであり、7品3600円の会席もあります。でもやっぱり、行くとタコを食べてしまいます。

福井 さのや
越前蕎麦。越前蕎麦は、典型的な田舎蕎麦に、出汁と塩だけで醤油を使わないつゆをぶっかけ、そこに辛味大根おろしをたっぷりのせます。この店(片町店)は福井の市街地にあるので奥越や丹南のようなロケーションの雰囲気はないし、いかにも地方都市の食堂といった風情。でも赤坂砂場のように市街地でまっとうな蕎麦を気軽にいただけるので福井市民がうらやましい。鴨ロース、板わさ、お新香など、結果的につまみを全て注文して日本酒をたっぷり飲んでしまった。

福井 うまいものや忍者
色物的な店名。岩牡蠣ふたつ、竹田の揚げ、鯖寿司三点盛り、ひね鶏の炭火焼き、トマトときゅうり、生ビール3杯、福井のお酒2合。どれも美味しくて会計は6600円。岩牡蠣は海水の味がした。ひね鶏は炭火で焼くだけではなく味つけが独特で後を引いた。どこの家庭にもある香辛料だけで調理されているはずなのに、初めての味。竹田の揚げを炭火で炙れば美味しいのは当然か。鯖寿司は3種類が3貫ずつ。昆布を添えた生の鯖も美味しいけれど、焼き鯖寿司の皮の焦げが美味しかった。私は炭火でないと鯖や鮭や鰻の皮を食べられません。福井で、福井の地のものも食べたいけれどそれだけじゃなくてもっといろいろ、というよくばりさんには最適なお店。テレビも音楽もないところも良。

福井 織々屋
炭火焼きのお店。福井でとれた魚介類が中心。店に入ったら小さな市場の如く魚介類と野菜が並んでいる。鯖のへしこなどの肴も揃っている。ついでに越前蕎麦まである。どれも美味しい。ふたりで1万円程度でお手頃。七輪は、居酒屋でよく見る白くて何かが書かれた円いものではないところも好印象。

岐阜 開花亭
中華。超有名店。中華の材料を、和とフレンチの技で。ここの冷製ビーフンは、死ぬまでに一度。中華ではないのに中華以外の何ものでもない。これがクリエイション。店主の古田氏の自宅で月に一度催される「サロン」は来年いっぱいまで予約で埋まっているとのこと。全国のシェフはもちろん、海外のシェフも足を運ぶ。

京都 わらじや
行ってみたかったお店のひとつ。谷崎潤一郎「陰影礼賛」にも書かれている創業400年の老舗。うぞうすいが絶品。これを食べるために鍋を食べるようなもの。茶室でいただくことができた。陰影礼賛を味わうなら茶室です。

奈良 玄
奈良は天理ラーメンだけではありません。玄は蕎麦屋。完全予約制で1日二組限定。当然子ども不可。関西、それも奈良で蕎麦というのも何だけど、ここは美味しい。蕎麦粉は茨城産と奈良産をブレンド。現在蕎麦といえば北海道産が信州産より多いことくらいしか知らない私、奈良産の蕎麦粉というのは初めて。お酒は選りすぐりが5種。0.5合から頼める。料理が進むにつれて合う酒が変わるからだ。なので0.5合ずつ頼んだかというとそうではなく、1合ずつ全部飲んだ。料理は蕎麦豆腐、蕎麦がき、蕎麦汁、せいろ蕎麦、田舎蕎麦、鱧の蓮蒸し、大和地鶏の粗挽き蕎麦まぶし、蕎麦入りご飯、蕎麦団子。見事に蕎麦づくしである。建物は鄙びた日本家屋。器も華美ではないけれど上質。おかみさんもすてきだ。料亭や旅館を含めても石川県にはいない。さすが古都。話は長くなるが、最近、焼鳥でも焼肉でも刺身でも豆腐でも何でも塩で食べるのがインとされていて、たれやつゆで食べるのは素材の味を殺すのか何だか知らないけれどアウトとされる風潮がある。一理ある。でも、ほんとうに美味しい蕎麦なら塩をつけなくても美味しい。塩、油脂、甘味。この3つが揃えば美味と感じるように、私たちは子どもの頃からなっている。だが、蕎麦屋の腕の見せどころの何割かは、つゆ(および蕎麦との相性)にある。蛇足だけれど、管楽器の演奏家はこの店に訪れるといいことがあると思います。

神戸 三田屋
ランチで6000円。ふだんはほとんど自給自足のような食生活の私にとって一週間の食費に近い。料金には、ベーゼンドルファーのインペリアル290で弾くピアニストのギャラも含まれているのだろう。三田牛のフィレは、そりゃまあ美味しい。ハムも美味。でもなんとなく、いかにも観光ガイドに載っているお店という感じ。

神戸 神仙閣
中華。コース。炭水化物が少なく、デザートが多い印象。酒のための食事か、女性の別腹向けか。まあ私はお酒も飲むしデザートは別腹なのでちょうど良かった。日本の中国料理は地域ごたまぜだけれど、白湯が美味しいお店は何をいただいても美味しい。いろいろ露呈し出した中国だけれど、日本の中国料理なら問題ないです。福臨門なら本場も問題ないのでしょうが。

六本木 リストランテ アモーレ
イタリア料理。六本木にあるラ・ゴーラにはよく行った。イタリア料理の、お酒を中心にする場所には、一皿に前菜とパスタとメインが盛り合わせになっているピアット・ウニコというのがある。イタリアにあるのかどうかは知らない。それをひとつ注文しておけば、あとはお酒を飲めばいい。なので私はウェイティングバーがあり、ピアット・ウニコがあり、ピアット・ウニコにも手を抜かないところが好きだ。さてそのラ・ゴーラの料理長だった澤口氏が独立して始めたのがアモーレ。ラ・ゴーラの近く。何とびっくり、たったひとりで厨房を切り盛りしている。しかもオープンキッチン。誠にスリリングである。これを「テンパッてがさつな料理になるんじゃないのか」と思うか「何から何まで澤口さんの手による料理を食べられるとは何と贅沢なことか」と思うかは人それぞれ。でも次の皿が遅いと感じたところはありませんでした。メニュはない。おまかせ。私の好きなトリッパ(内臓)を得意としていて、トマト煮がうれしかった。豪快なイタリアンという形容は、素材の味をそのまま活かし(つまり炭火焼きや生)てボリュームのある店につけられることが多いけれど、アモーレのほうが豪快。まさに漢。カウンター席がおすすめ。下品な表現になるが、全身からよだれが出ます。

青山 レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
フランス料理。3年ほど前、東京で飲食に携わる方の複数から、名前を聞いた。行ってみたいと思っているうちに3年経っていた。物事すべてかくのごとし、というのは残念な人生なので強引に行ってみた。スタッフのユニフォームはCyrllusで、グラスはリーデル、カトラリーはWWFで、椅子はカッシーナのアームつきソファという基本。メニュはコースが3種類。果たしてどこがプロを虜にするのか期待に満ちていたのだけれど期待を遙かに上回った。成澤氏は日本での修業経験はなく、ポール・ポキューズ、ロビュション、ジラルデ、アンティカ・オステリア・デル・ポンテと、二つ星以上のお店で修業、帰国後は神奈川の早川漁港のそばに店を構え、青山に移った。長野の山菜と稚鮎の料理の仕方が非常に卓越している。もちろんラングスティーヌやガンベレットといった甲殻類は見事。なんだかんだで14皿あった。この店を勧めたひとりが「厨房がすごいんだよ」と教えてくれたのだけれど、それは無理。特筆すべきは化粧室。洗面とは別に浄水器がついている。薬を飲む人のためだそう。おまけに爪切りと鋏と毛抜きと綿棒とコットンと爪楊枝と歯ブラシが置いてある。男性化粧室なのに。女性用はメイクする台と椅子(フィリップ・スタルク)があるそうな。といったことから推測できる通り、サービスも抜群。ふたつがかけあわされたホスピタリティは最高ランク。ネクタイをゆるめるおっさんや、能書きを垂れるおっさんは皆無。語らずとも判る人たちが、やわらかで丁寧な微分音を奏でている。

六本木 龍吟
日本料理。夜は15000円のコースのみという立派な料亭。料亭はテーブル(部屋)の回転がない。なので、閉店前の1時間ほどは店側にとってみると中途半端に時間が余ることがある。龍吟は、その夜のコースを楽しんだお客が帰った後は、丼物ひとつでもウエルカムというすばらしいお店。玉子とじ丼1680円で、和食の技を堪能できます。まぐろが余ってるからまぐろ丼はいかがですかという口車に積極的に乗り、江戸前と京が融合したどんぶりをいただいた。至福。まぐろ丼は深夜のレギュラーメニューにあることを後で知ったのだが至福。デザートだけでも可とのこと。別腹部隊は是非一度。こういう、表だって打ち出してはいないけれど実は夜が二部制のお店は結構あり、知っておくと便利です。たとえば、夜のコースが8000円からの銀座NARUKAMIは21時以降はアラカルト800円からで一品とグラスワインだけでもいいし、六本木のラトリエロビュションは金曜日のみミッドナイトタイムを設けていて、アピシウスのソムリエ仲田氏が開いた銀座のArbaceもコースは12000円だけれど22時から夜食タイム。Arbaceはトリッパのクスクスが絶品。これとグラスワインだけでいいなんて申し訳ない。行きたくなってきた。話は逸れるが、加賀で深夜にお腹が空いたら、居酒屋か焼肉屋かラーメン屋かファストフードかファミレスか北陸自動車道尼御前サービスエリアしかない。

一番町 村上開新堂
初代は宮内庁大膳所に勤め、洋菓子店を開く。四代目が紹介制のレストランを開く。で、五代目がランチは紹介なしでも入れるようにした。なので私のような人間でも食事できる。デザートは開新堂ゼリー。好きなものを選べる。大きな窓からの眺めが好もしい。京都の村上開新堂もゼリーが有名だったなと思い出した。

上野 韻松亭
和食。上野公園の中にあります。建物は明治初期にできた茶屋。その後、横山大観のものになったり市川團十郎が住んだり。戦後は株取引の会合に使われた。で、いまは誰でも利用できる飲食店。窓からの眺めは圧巻。昼食をいただいた。1680円。料亭の価格ではない。ここで作っているなんて言うものだから、つい湯葉刺しを追加してしまった。桜の時期にライトアップされた上野公園を一望するところを想像しただけで美しい。桜や紅葉はライトアップするものではないと思っているのだけれど。キャンドルナイトなんてやらないほうが資源の無駄にならないと思っているのだけれど。格式など最初からない、くつろげる場所。

六本木 祥瑞
青山にあるフランコ・イタリアン(つまり良いとこどり)の店でバイトしていたとき、何人かの常連客と店の外でも仲良くなった。そのひとりが、横浜の山手に住む某氏。顔が広く、かなりの健啖家というか酒なくして何が人生ぞという人だったので、いろいろ飲みに連れて行っていただいた。昼間仕事をしているのだろうかと不思議に思うこともしばしばだけれど、私が何度生まれ変わっても無理な社会的地位があった。売値に2000円をプラスすればその場で飲める横浜のワイン屋の地下も、クリュグを覚えたのも、シャンパーニュにはポム・フリット(つまりフライドポテト)がいちばん合うことを身をもって知ったのも、この人のおかげ。六本木の祥瑞も、教えていただいたお店のひとつ。店名よりも「勝山さんの店」で通っている。ワイン好きなら失神間違いなし。店内はワインの倉庫のようである。といっても丸の内(丸の内ピンクらしき口元を最近目にするのは気のせいですかね)にありそうなワインバーのようにお洒落な陳列をしているのではなく、山小屋のような店内の四方八方に木箱が積み重ねられているという具合。スペインの、太陽と土の匂いが鼻腔をくすぐるワインなんて、ここでしか飲めない。一口飲んだ瞬間に、意識が旅をします。料理も秀逸で、なぜか料理人を何人も輩出している。まだパルマのプロシュートが輸入されていない頃から、なぜかここにはあった。懐かしく、ほっとする場所。

でもなんだかんだ言って、知人がくれた釣ったばかりの鮎、知人がくれた採りたての筍、山で見つけたふきのとう、知人が作ったオリーブ、知人が作ったハム、自分で作ったドライトマトなどが最も美味しく感じたりする私でした。うちで作っている野菜(超スパルタ栽培)もおすそわけしている方々の舌を満足させることができていれば良いのだけれど、ああいうのを美味しいと感じる舌が減ってきていることも事実。
関連記事

コメント

非公開コメント