■人気

大昔、割れてしまう陶磁器は高級品でした。窯などを必要とせず誰もが作れ、修理すればいつまでも使える漆器は市井のものでした。陶磁器が安定生産されるようになると、あっという間にその立場は逆転しました(もちろん今でも高級な陶磁器はあります)。しかし、味噌汁をいただく木へんの「椀」だけは、現在でも漆器です。陶磁器・ガラス・鉄器・プラスチック。いずれも熱くて持てません。
関連記事

コメント

非公開コメント