SOFIA



まだ幼かったころ、ソフィアは映画監督である父親のコッポラにおねだりした。
「炭酸が強くなくて、おいしくて、でも高くないシャンパンを作って」と。

カリフォルニアのワイナリーを購入したコッポラは、
金持ちの道楽や投機を超えた情熱でワインづくりにはげんだ。
そもそもコッポラは一度「地獄の黙示録」で破産している。

ソフィアの結婚式でふるまわれたのは、このスパークリングワイン、ソフィア。

軽くて、おいしい。そして高くない。
関連記事