■眼

経験主義が合理主義に行きついたように、職人とは、同じ作業を毎日何十年と繰り返して、無駄な動作やためらいがなくなり、手さばきが洗練されていく職業です。ようやく到達したころに、老眼になってしまいます。下積み四十年、ピークは五年、蝉のことを笑えません。なので便利な化学素材と機械に頼る「職人」ばかりになってきました。
関連記事

コメント

非公開コメント