マリエンホーフのバタースコッチリキュール



美味しいから飲んでみてと、バタースコッチ味のリキュールをいただいた。

バラのリキュールで名前は聞いていた、ドイツのマリエンホーフ。
またはマリエノフ。もしくはマーリエンホーフ。
ここは、香料や着色料を使わない。そしてボトルはハンドメイド。
さらに、空き瓶を捨てずにいろいろと使えるよう、キャップに工夫がされている。
そんなこんなで、びっくりするほど生産量が少ない。

次いで有名なのは、ブドウのリキュール。
ワインとは全く違うらしい。飲んでみたい。

バラのリキュールを飲んでいると、部屋に入ってきた人がバラの香りに驚くという。
500ミリリットルのリキュールに、2キログラムのバラの花びらを使うと言われ、
または200ミリリットルのリキュールで、1キログラム使うとも言われている。

酒というより香水の世界だ。

甘くて濃厚。でもくどくない。いやな刺激が一切ない。香りが良く、強い。
香料で香りをつけているわけではないので、味もする。
どうやってバタースコッチを酒に閉じこめるのか分からないけれど、
これは明らかにバタースコッチだ。

驚いた。
関連記事

コメント

はじめまして。マリエンホーフのリキュールを検索していてこちらに辿り着きました。
マリエンホーフのリキュールを日本で取り扱っている代理店の中尾さんはまだうら若い女性です。
ご縁があって中尾さんからマリエンホーフのリキュールをお菓子に使えませんか?というご提案をいただき、いろいろ試作をさせていただいたりしています。お菓子作りに使えるものや、もうこれはこのまま楽しんだほうが良いでしょう!というものまで様々で、リキュールの世界も楽しいなぁと思っております。
こちらのブログ内もいろいろ読ませていただいて、おつくりになっていらっしゃる作品にも目を奪われました。(あと、スイーツじゃなくてケーキはケーキ、コンフィチュールじゃなくてジャムだろう、ジャム!なんていうのは、そうだ!そうだ!と膝を打ちながら読んでおりました!)
今月、久しぶりに中尾さんに会いますので、こんなすごい人が飲んで、感想を書いてくれてるよ~とお話してみようと思っております。
マリエンホーフのブラッディオレンジのリキュールもすごく美味しいです。もし機会がありましたら試してみてください。私はバタースコッチはまだいただいておりませんのでさっそく試したいなぁと思っております。
長々とコメント失礼いたしました。

kyokyom様
ごめんなさい、わかりづらい書き方をしてしまいました。
私が飲んだのは、キャンディにもなっているバタースコッチ味のリキュールです。で、それを造っているメーカーの最も有名なお酒が、バラのリキュールなんです。別物です。

マリエンホーフのリキュールは、アルコールくさくないです。ほんとに香水みたいです。下戸の方こそ、リキュールではないかと思います。薬でもあり、衣装でもあったリキュール。もともと修道院ごとのレシピがあったりしたのですが、飲みやすいためカクテルとともにお酒の苦手な淑女を酔わせるために発達したジャンルなんです。というかkyokyomさんが下戸だとは意外でした。と思ってから一拍おいて、ああそうかもしれないと妙に納得してしまいました。

kotaさん、こんばんは。
バタースコッチという言葉から当然の如くバター+スコッチのカクテルのようなものを考えてしまいました。
バラの品種なんですね!
それなら桜でリキュールも作れそうだ・・・と思ったらサントリーから発売されていました。
でもマリエンホーフのもののような香りはないのかもと思ってしまいます。
記事拝見していて生唾飲み込んでしまいました。下戸なのに^^
非公開コメント