スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■前進

前に進むことをやめたら、停止ではなく後退です。
時間は流れているわけですから。
関連記事

コメント

dylan様
詳しいことが判らないまま、そのとき思いついたことを書いてしまいました。基本的にこのブログはコメントをいただくよりもサイレントマジョリティのほうが多いですし私としても気にするのはそっちだったりします。でも、コメントの返信にコメントをいただくと、やっぱりうれしかったりします。他にもすばらしい言葉があると思いますので、あくまでもそのひとつとしていただけるだけで充分に幸甚でございます。前述の通り、何といっても大して考えたわけではありませんので。

dylanさんのことを存じ上げていれば、大きな括りではなくもっとフィットした言葉を導き出せたのかもしれません。しかし、それはそれでdylanさんの負荷が増すことになります。ですので個人に完璧にフィットした言葉ではないかもしれません。たくさんの人に当てはま
ってしまう言葉であるならば、その人に最も合った言葉になりえないわけですし。

いずれにしても課題を与えられてから体裁良く考えるのは薄っぺらで紋切型しか出ないだろうと思い、そのときの私としてそのまま書きました。

こちらこそありがとうございます。

 どうもありがとう。ありがとうございます。
尋ねてみて良かったです。
私の宝物にします。

dylan様
コメントありがとうございます。
カガリュウについては無知です。
カノウリュウなら近所にあります。
白山を挟んだ向こう側の福井県勝山が、恐竜で街興しをしています。

非常に難問で、考えても出てこないので、
最初に浮かんだ単語でお許しください。

“live”です。

私は考え事が好きで、答えがでないことのほうが遙かに多いです。それについて考えていても進まなくなったときの方法論のひとつに、逆を検証してみるというのがあります。この場合は「大切に過ごした時間」に含まれない時間とは如何なるものか、ということになります。

私が思うに、そんなものありません。

もちろん、ひとりひとりには「大切な記憶」があります。私にも一応あります。ただ、そうなると、その他すべてがくすんだものになってしまいます。時間に差などあるのでしょうか。あるとするならば、結局は自分の気持ちとか心構えの高低だと思います。気持ちに高低があると、低いときに見落としているものもあるはずなんです。

また、まったくのひとりで過ごした時間が大切な時間、というのは珍しいケースであり「社会生活」を営む社会人(他人とのコミュニケーションが土台なわけです)の集まりである世の中からは変人扱いされます。発明者や哲学者のような感じですね。多くの人にとって思い浮かびやすいのは「大切な」あの人/仲間と「過ごした時間」になるはずです。そのことを否定するつもりなどさらさらありませんが、こうなると人それぞれ最もフィットする単語は異なってきます。

ミュージシャンがステージに立つことをライブと言いますが、誰だって毎日いつもライブです。ぜんぶ。すべてが大切な時間だとも言えますし、となると、全てが価値などないんだよという裏返した言い方も数学的に可能なわけです。

こうしたことを考えるとき、日本語はとても不便です。日本語は語彙が豊富と思われています。でも実は、偏った語彙しか持っていません。言葉がなかったということは、その言葉を指す物や概念がなかったということです。たとえば「愛」という概念は近代に輸入したものです。いまでも“I miss you”は誰も日本語にできません。

こんなのでよろしいでしょうか。

こんばんは。
カガリュウ(獣脚類)について調べていた通りすがりですが
カウントダウンで生きている私にはとても、、、
地面に穴が空きそうです。
『大切に過ごした時間』を一言にする
単語をご存知でしたら教えてください。
それは私の宝物です。



非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。