市原平兵衛商店のもりつけ箸 



俗に言う菜箸。
箸も作っている私が紹介するのだから、相当優れものです。
 
京都や大阪のまともなお店で食事をすると、かなりの確率で目にする。
調理の箸はこれを使って、お客が使う箸は、うちの禅僧三点揃の箸というお店もある。
最近では料理撮影の必需品となりつつあるようだ。
フードコーディネーターなる職業が跋扈しはじめたからである。

日本料理の料理長のみ持つことを許された箸がもとになっている。
それをさらに使いやすく工夫を凝らしてできあがったのが、もりつけ箸。



もりつけ箸は長さが三種類あり、33センチ、28センチ、23センチ。
私は菜箸として33センチ、自分用に28センチ、来客時の食事用として23センチを使っている。

もりつけ箸と菜箸は全然違う。バプテストブダペストくらい違う。
先端が、直径1.5ミリくらいと超細い。
これより細い「菜箸」は、たぶんない。
しかもこのもりつけ箸は、その細い先端にまで竹の表面が残っている。
なので、細くても丈夫だし、曲がることもない。
岩塩くらい簡単につまむことができる。



菜箸よりも指のほうが細かい作業に向いているから、最後は指で盛りつける料理人が多い。
しかし、日本料理の世界では、指よりも細かな作業を可能にする箸によって、美しい盛りつけが確立されてきた。

竹という素材はおもしろいもので、強いけれど弱い。
昔の定規が竹だったのは気温や湿度で伸縮しないからだ。
でも、割れる。

先が太かったり丸みを帯びていたりすると「ぼてっ」とした盛りつけになる。
指でやっちゃったほうが話が早いという菜箸がほとんど。
ステンレスやチタンもあるが、重い。
何よりも、食べ物に金属で触れると匂いがおかしくなる。

私は漆器屋なので、木を見ると漆を塗りたくなってしまうのが悪い癖。
これにも黒の拭き漆をかけた。じょうぶになっているはずである。
(弱くなるなら漆などかけないほうがましである)
無塗装の竹は、割れるのが早い。


朝の箸

先が細く、長年使っても曲がらない菜箸。
自分で作ろうと思うと大変だ。
なので、とびっきり安い。


午後の箸

炭を摺り込んでから拭漆。なのでむらのある焦げ茶。
これが、漆をあまり吸い込まない竹に対してはベストな拭漆の方法。
(下地を施せばもっと丈夫になるけれど、それじゃ竹でなくても構わないってことになってしまう)

私は料理人ではないので食事で使うことが多い。
たとえば、炊き込みご飯をいただくとき、お茶碗に人参や筍がくっつくことがある。
蕎麦をいただくとき、ネギだか万能ネギだかワケギだかワケネギだかチャイブだかがどんぶりにくっつくことがある。
そんなとき、ふつうの箸ではつまみにくい。
でもこれなら、いとも簡単につまんでしまう。
一切の無駄がなく、きれいに食べることができる。
千切りキャベツ1本、胡麻ひとつぶ、そういったものを簡単につまむ。
焼魚や煮魚なんかは得意中の得意。遠くにある岩塩包み焼きも身だけねらい打ち。
瓶に保存した唐辛子の千切りや乾燥させたにんにくなども指ではなく箸でつまめる。
ソースに埋もれた胡椒を肉の上にのせて口へ運ぶといった、これまでにない味わい方もできる。
持つ方の先端を使えば、ソースやたれを少しだけつけるときに便利。
湯豆腐をつまむときにはこっちが圧倒的に簡単。
行儀が悪いけれど、私はチーズを食べるときにも使っている。
そんなわけで平たくなったほうもいろいろと使える。

お弁当や松花堂など、細かな盛りつけを要するときにも、これを使えば見栄えが全く異なる。
大皿の場合でも、イメージ通りにすぐ盛りつけることができる。

場所は河原町四条と烏丸四条の間。
Google mapで「市原平兵衛商店」と入力すれば地図が出てきます。
四条通りの大丸と大丸の間、東から行くと左折。
実店舗は「いちはら」とだけ看板があります。
娘さんらしき女性が奥から出てきて、いろいろと説明してくれます。
お店の向かいにコインパーキングがあるので、クルマでも便利。
日祝がお休みなのも、観光客を相手にしていなくてすばらしい。

楽天などでも購入できるが、いちはらへ電話注文しても送ってくれるそうです。
でもまあせっかくなので、店舗を訪れていろいろ話をうかがうのがやっぱり良いでしょう。

小浜や輪島をはじめとして各地の塗り箸もあります。
黒檀の箸が、先端が細くて使いやすそうな感じです。
いちはらと私は取引ゼロです。それでも紹介します。
美しい所作、食べること、丁寧な生活、そういったことを叶える箸はこれだからです。

マイ箸ブームも一段落という感じの昨今。
いちはらでは箸袋を「箸袴」という名称で昔から販売しています。

内藤商店の棕櫚箒有次のペティナイフ、そして市原の箸。
私のお気に入り京都三部作を、ようやく紹介することができました。

あと京都といえば辻和の金網があります。
でも辻和に茶漉しの網などを作ってもらっているので宣伝まがいになるので紹介しません。
それと開化堂の茶筒も定番だけれど、木の茶筒を使っているので持つことはないでしょう。
他に何か京都のすてきなものがあったら教えてください。
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます