BE-PAL 9月号

小学館。現在発売中の9月号は、特集が “再発見! MADE IN JAPANのベストツール”ということで、応量器と欅ひとりぶんを紹介いただいています。私は、取材撮影にお越しになられた方とトレイルランの話ばかりしてしまいました。いつか熊野古道へ行く企画を組んでください。そして私も混ぜてください。それはともかく、木の器は軽量で、熱いものを入れても素手で持つことができるため、アウトドアに向いているような気がしないでもないです。何度か私も山へ登ったときに使ったことがあります。雪山なんかでテントを張ってコッヘルで調理してそのまま食べる、というのも嫌いでなかったりするのですが。
関連記事