古井由吉

furuiyoshikichi

日本語を読む悦楽が残された、数少ない小説家。
仏教に詳しければ、もっと違った角度から堪能できるのにと思う。
関連記事