谷崎潤一郎『春琴抄』

tanizaki

日本近代文学館の名著初版本復刻シリーズ。
付録には大谷崎愛用のペーパーナイフ兼文鎮の複製。
詳細な復刻の解説もついている。
表まわりは漆塗り。中身は段ボールとのこと。
素材探しからはじめ、ないので素材から作ったそうだ。
題字は金蒔絵と解説にあるが、これは漆絵を金で描いたものだろう。
関連記事