料理通信 2011 6月号



料理通信社
巻頭ページにて、欅ひとりぶんを掲載いただきました。
父がデザインし、グッドデザイン賞を受賞。
後にロングセラー商品に与えられるロングライフデザイン賞も受賞したアイテムです。
工芸品をグッドデザイン賞に応募するという発想もなかった時代のもの。
入れ子の食器としては、出た時期がかなり早いとは思います。
とはいっても、もちろん、はっきりと調べたことはありません。




(画像は記事本文にガウスをかけてあります)

ごはん、味噌汁、小鉢、小鉢、小皿、茶托。
茶托なぞ使われることのなくなった21世紀においては異質です。
でも、ちゃんとした器で食事を、と考えている人は、
今でもお茶を飲むときに茶托を使っているとも言えます。

と言ってる私が、茶托を使わないのですが。


※私はグッドデザイン賞に応募しません。理由は、ここをご参照ください。
関連記事