ブロッホ『夢遊の人々』

muyuunohitobito

全体小説の金字塔。
濃密で雄大。
上下で1300ページ。これだけ長いと、できの悪い自由間接話法で安易に心理描写を処理してしまう箇所が出て来がちだが、確固とした統制で一貫した文体がずっと続く。翻訳の仕方かもしれないけれど、これが書かれた頃には珍しいはず。
関連記事