鹿鳴春

銀座一丁目。ふかひれ専門店。
フリーのコピーライターだったころにお世話になった日本デザインセンターのそば。
ランチのセットなのでふかひれは尾びれではなく、
これまでに食べた姿煮の中で最も小さいものだった。
しかし気仙沼産で、しっかりと煮込んであり、舌の上でほろりと崩れた。
関連記事

コメント

非公開コメント