MSRのパックタオル



外出するときは帽子をかぶり、仕事中は頭にタオルや手ぬぐいを巻いちゃったりして典型的な肉体労働者の風体である私だが、頭に巻くのは髪をまとめるためであって、汗を拭いたり顔を洗ったり体を洗ったりするときにはMSRのパックタオルを使う。バスタオルよりも遙かにコンパクトなのに、バスタオルくらい吸ってくれるからだ。これ以上軽くて、これ以上コンパクトで、これ以上高性能なタオルはない。なぜかない。

続きを読む

続きを読む

象印のステンレスボトル



エコな人における三種の神器といえば、エコバッグ、マイ箸、マイボトル。私は一周してしまってエコを意識しない人間。というか、現在すべてのエコはビジネスなので乗っかるつもりは毛頭ない。せいぜい白髪まじりなくらいである。ペットボトルもアルミも再利用しているのだから自販機やコンビニで購入するのもそんなに悪くないことだと思うし、ペットボトルが消えたらパタゴニアは何を材料にフリースを作ればよいのか途方に暮れるだろうし、何だか貧乏くささやセコさを隠すエクスキューズのようにも思える場合も見受けられる。そして何よりも「マイボトル」を購入することがエコではない。資源を使い、物流によって排気ガスを出し、包装もゴミ。いちばんエコなのは、ペットボトルを洗って中身を入れることでしょう。新たに何かを購入することと、ひとつのものを使い続けることとは、全然違う。カナダからの手紙ナイジェリアの手紙くらい違う。

続きを読む

日本手袋工業組合 254本の超極細せんいてぶくろ



冬の自転車でいちばんきついのは、寒さ。私もいろいろとグローブを購入し、グローブの下にはめるインナーグローブも使う。あたりまえだけれど、薄くて暖かいグローブは、なかなかない。自転車ウェアメーカーのインナーグローブのどれもが、耐久性がなかった。日本では定番のパールイズミは1,470円で、大人気のASSOSは4,200円。これらは気休めでしかなかった。おまけに一冬もたないのだから涙が出てくる。高い趣味だなあと諦めの境地に至りつつあった今冬、いいものを見つけた。桁違いの安さ、630円。余りに気に入って、ふだんもこれだけで外出している。サイクリンググローブではないのでそっちのほうがふつうの使い方なんだろうけど。

続きを読む

麻のブックカバー(新書サイズ)



何かほしいものがあるかと訊かれたので窓の外から聞こえる電車の音にかき消されないようにしながらも大声でもないように気をつけて「新書判(175×105mm)のブックカバーがあれば白水uブックスを外でも読めるんだけどなあ、布か紙で、いい感じのやつ、わりとずっと探してるけどないんだよ、作って」と、猫を膝の上で撫でながらリクエストしたら作ってもらった。(←保阪和志風のフィクションです)

何でも言ってみるものである。

続きを読む

京都 有次の包丁(ペティナイフ)



包丁といえば昔から「西の有次、東の正本」と言われています。間の名古屋では祐成を使う料理人が多いようです。最近では木屋團十郎も有名ですね。あとは関と堺と土佐が包丁の産地としては名前があるほうでしょうか。グローバルをはじめとして洋包丁もいろいろありますね。海外のものではツヴィリングJ.A.ヘンケルスが昔から知られています。ただし、ヘンケルスの最高級ラインは日本の関で作られています。つまり、日本の中でどれがいいかを選べばいいわけです。私の料理を召し上がったチャレンジ精神豊富でタフな胃をお持ちの人ならばご存じの通り、私は調理するときのほとんどをペティナイフで済ませています。

(尖端恐怖症の方は続きをご覧にならないほうが良いかと存じます)

続きを読む

ロクシタンのシアバター



私は今でも漆にかぶれます。小さな水ぶくれができ、腫れて破れ、がさがさの痕が残ります。世捨て人のスナフキンではありますが社会人としても生きているので名刺交換もします。ときには女性の頬に触れたりするかもしれませんし、しないかもしれません。食べるときには大活躍する手、ペンネだって指でつまんでいただくことがあるくらいです。なので手のケアを心がけています。で、やっぱり、何だかんだいってもロクシタンがいちばん。

続きを読む

内藤商店の棕櫚箒



箒。産業廃棄物にならず、電力を消費しない。
そして、掃除機よりも部屋が美しくなる。

続きを読む

ディアパソンのスピーカー



音楽を聴くスピーカー選びは私にとって簡単です。まず、日本とアメリカを除外。次に、ヨーロッパのメーカーでも中国や東南アジアなどで生産しているものは除外。さらに、箱が木でできているもの。最後に、音色。私が美しいと考える音色で、なおかつ濃く、でありながら現実離れしているくらいに演出されすぎていないこと。締まっているけれど柔らかい響き。艶+透明感=潤い。細かい音も出る。ビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デビー」に入っている地下鉄の音が音程も精確に出るか。

続きを読む

デロンギのシトラススクィーザー



春から夏、日本の柑橘類が豊富に出回ります。近くのスーパーにも、サンフルーツ、いよかん、八朔、晩柑、紅甘夏などがありました。中国産はもちろんアメリカ産の青果物も口にしないようにしているので、今の季節はうれしいです。この手の柑橘類は食べるのがめんどう。でもジュースにすれば簡単に摂取できます。

続きを読む