スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梨のリキュール 梨園 老松酒造



先日、長崎県波佐見、福岡県久留米、大分県小鹿田、別府、そして三浦梅園の旧家と宇佐神宮へ遊びに行ってきました。まとめて記事にしようか否かと思いつつカメラを持って行ったにも拘らずめんどくさくて持ち歩くこともなくカメラで1枚も撮らずにスマホで何も考えずにパシャパシャ撮るだけで終わり時は流れて細部が朧げになりつつあるけれど、いずれまとめたいとは思っております。それはともかく、そのとき、北海道の方から教えていただいたお酒が、梨のリキュール、梨園。日田の梨を使って、日田で造られている。この方のおすすめするものは間違いないので、日田で少々予定が狂ったのだけれど、別府の酒屋さん(その名も小谷)にあったので無事に購入した。

続きを読む

オノ セイゲン&パール・アレキサンダー/メモリーズ・オブ・プリミティヴ・マン



【The music】

もうずっと物理ディスクといえばSACDしか購入しておらず、おすすめの新譜を紹介することもままならぬようになってまいりました。しかし、その中でも、この人だけは圧倒的な音の良さで素敵な音楽を奏でてくれます。大好きなミュージシャン、オノ セイゲンの新譜。コントラバス奏者のパール・アレキサンダーとの連名です。

続きを読む

Ironのレザーカードケース



名刺入れやカードケースは、腕時計くらい社会人としての何かを意味している。
無印良品の金属製でいいのなら、それがお似合いの世界で暮らしている、ということだ。

続きを読む

アンナ・カヴァン「氷」



幻想文学とSFを兼ね備えた小説は好物(でもファンタジーの要素まで入っていると途端に苦手となる)。たとえば、アーサー・マッケンやJ.G.バラード。アンナ・カヴァン「氷」は、そういったものが好みの人にとっては極上の一冊。サンリオSF文庫の復刊(の文庫化)。

続きを読む

クラスボルスのリネン



リネン麻は、古くからキッチンとベッドルームの基本でした。寝具のシーツは、ベッドコットンとは言わず、ベッドリネン。テーブルクロスやガラス拭きも、テーブルコットンとは言わず、テーブルリネン。そんなテーブルリネンにもいろいろあり、いろいろあれば、これが正統というものがあります。ノーベル賞のパーティの席で使われ、スウェーデン王室の御用達である、クラスボルス。

続きを読む

柊家旅館 三度目

hiiragiya_2015_top

10か月ごとに訪れれば、季節ごとの料理を楽しめる。そんなの3か月ごとなら1年で済むだろとあなたは思うかもしれない。しかし私の財政事情はそれを拒む。そしてこの宿で一晩過ごしたという体験は、それ体験すれば半年くらい余韻に浸ってしまうほどのものなのだ。なので私にとっては、このペースが合っている。キネティックエリートならもっと短い間隔かもしれないし、1回だけで全て体験した気になるかもしれない。

※全く異なる話が四つあります。珍しく小見出しなんかをつけときます。

続きを読む

続きを読む

メールでのお問い合わせにつきまして

いつもブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

メールのトラブルにより、お問い合わせを正確に頂戴できていないかもしれないことが判りました。年明け以降にメールをくださった方で返信のない方は、大変お手数とは存じますが、再度送信くださればと存じます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。どうぞよろしくお願い申し上げます。

アドレスや個人情報の流出ではございませんので、それらのご心配はございません。

ホセ・ドノソ「別荘」



混沌としたビジョン。

ラテンアメリカ文学といえば、マジックリアリズム。漆器における輪島塗の如く最も一般的に知られているのは、ガルシア=マルケス「百年の孤独」だ。マジックリアリズムは、とても濃密。すごく濃いリキュールで酩酊するかのような、熱を出したときに見る夢のような、そんな読書。いまいち日本では知られていないのだけれど、ドノソの小説も、濃密。代表作のひとつとされる「別荘」の日本語訳が、ようやく出た。2014年の小説で一番と言い切ってしまいます。

続きを読む

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。